会社情報

会社沿革
1954年(昭和29年) 広島市においてヤクルトのボトリングを開始。
1956年(昭和31年) 広島市大洲町に(有)日本酸乳西部研究所を設立。
1960年(昭和35年) 現在地に本拠を移転し、希釈ビン詰部門の生産規模を拡大。
1965年(昭和40年) 株式会社に組織変更。タンポポ食品株式会社設立。関東地区における発酵乳の製造設備の新設、冷蔵ショーケース・牛乳自動販売機の大量購入、雪印乳業製品の導入を行い、卸売部門を拡大。
1966年(昭和41年) タンポポ産業株式会社設立。販売部門を分離。
1972年(昭和47年) 牛乳・牛乳ビンに入れたヨーグルト・生ジュース等の製造販売部門を合理化の為閉鎖し、新たに健康食品の受託加工業務を開始。
1977年(昭和52年) 100ml用/h完全自動ドリンク製造ラインを設置し、KIOSK向けビタドリンクの製造開始。
1979年(昭和54年) 果実飲料のJAS認定工場に指定される。
1983年(昭和58年) タンポポ食品株式会社の製造部門を吸収し、製造販売組織をタンポポ産業株式会社一本にまとめる。
1984年(昭和59年) 大ビン用(300〜1,000ml)完全自動ドリンク製造ライン設置。
1985年(昭和60年) 50ml用完全自動ドリンク製造ライン設置。
1989年〜1991年
(平成元年〜3年)
発酵乳製造設備・調合設備・充填設備を徹底的に更新し、作業の省力化を実施。
1996年(平成8年) タンポポ食品株式会社を吸収合併し、資本金を1,000万円に増額。
2002年(平成14年) 100ml自動洗ビン機更新。
2004年(平成16年) 新規大ビンボトルクーラーおよび転倒殺菌機導入。
2006年(平成18年) 50ml自動洗ビン機および大ビン充填機更新。
2007年(平成19年) 品質マネジメントシステムISO9001:2000認証取得。
2009年(平成21年) 50mlボトルクーラー更新。
2010年(平成22年) 品質マネジメントシステムISO9001:2008へ更新。
2011年(平成23年) 大ビン用自動洗ビン機更新。新規50ml用実ビン検査機導入。
2012年(平成24年) 千葉県成田市に成田工場開設。